ブータン ペマガッツェルの綿織物とインド アッサムシルクの旅

8/21-28ブータン南部とインド北部の織物ツアーに行ってきました。

ひと言で言えば、もう宝物のような旅でした。

思い起こせば今年2月に出会ったヤクランドの久保さんから

http://www.yakland.jp/index.html

ブータンで残りわずかな棉畑を見に行きませんか〜?と

言われたひと言が ずっと心に残って過ごした数ヶ月間・・・

ブータンかぁ うーーーん高額ツアーやし無理やなぁ〜という気持ちと

でもここに行けるチャンス2度と巡ってこないかも...とのせめぎ合いの結果

代金は工面して何とかクリア、ですが出発前日まで

仕事に追われて全く予備知識も入れられずのまま

21日の夜中発バンコク行きのJALにひとり乗り込みツアーメンバーとの合流場所 

スワンナープ空港ドゥルック航空搭乗口へと向かいました。

実は関空に着いてからも なんでかいまいちテンションが上がってこないし

自分自身に困った状態やなぁ〜ってしーんとした空港でぽつりと思ってました。

が、スワンナープ空港に着いての喧噪のシャワーを浴び(これ これを待っていた!!)

旅のメンバーと合流後は ようやく旅が始まるんだーーーって

気持ちにスイッチがはいり(しかし 遅いっ!)

その後は もう行く場所行く場所に夢中になりました。

未知の世界...自然も、人も、そして大好きな織物も

こんなパラダイスの連続は今 思い出してもほんまに夢の中の出来事だったような

不思議な感覚を覚えます。たった1週間だったのに 日数では表しきれないですが

日々が濃厚だったので1ヶ月の経過にも匹敵するような場面場面を感じます。

久保さんの長年の培ったお力で 素晴らしいガイドさんドライバーさん

ツアースタッフさんにめぐり合え

日々の移動、宿泊、食事も快適でしたし

何度もブータン旅を経験されているメンバーの内のおひとり中村さんのおかげで

この旅でお天気に恵まれたことがいかにまれなすごい事だったのかも教えて頂き

(ブータンでは天の川を2日連続見ることができました☆)

そしてそして旅の素敵なメンバーの仲間に恵まれて成り立った奇跡のようなこの旅を

これから心の中に深く刻みこんで また日々色んなことを頑張っていけそうかなぁ〜〜

なんて思っています。

 

帰国してからが これまた楽しかった旅の思い出がだんだんと遠くに行ってしまうのが

ものすご〜く切なくって切なくって

一気に9月で秋の気配を感じるのも手伝ってしまい

何とか必死で旅の熱気よどうか逃げないでーーーって想いにしがみついています‼

 

また旅日記も綴っていきたいですが

今回の旅の報告会を写真とともに10/2(日)14時から

入江運創店さんでの展示会の中で 開催します。

 

次に展示会のお知らせを