ワークショップのお知らせ A11/28(土) B11/29(日)

A デニムにちくちく*ラオス綿でリメイクしよう!

11/28(土)13:30〜18:00の間で受付します(所要時間60分くらい)
¥1000(材料費込・茶菓付)
ご予約優先します

お手持ちのジーンズ(Gジャン可)にラオス綿のアップリケやステッチ・釦を
ほどこし、リメイクして自分だけの面白いものを作ってみませんか!?
あれやこれや一緒に考えながら 気軽に楽しみましょうハート

下記の写真は一例です。
新鮮さを加えると とたんに服が蘇りますよ〜〜〜ゆう★



B 革のコインケースを作ろう!

11/29(日)13:30〜17:00の間で受付します(所用時間90分くらい)
¥2800(材料費込・茶菓付)6人までの予約制

こちらはzuca山下さんの優しいご指導のもと
ハンドステッチで仕上げていく カードケースとしても使えるコインケースです。
色は下記の中から好きなものを選択できます。
ふたと本体とステッチの色の組み合わせで
こちらもそれぞれの個性が発揮出来るものが出来そうですね指



お問い合わせ ご予約は下記の連絡先まで お手数ですがお願い致します
mailsow@hcn.zaq.ne.jp tel090-8200-8362(ナラサキまで)
 

『綴る』2015秋sow+zuca2人展 at入江運創店

大変たいへ〜ん お久しぶりのご報告ですエクステンション

な〜んも作ってなかった・・・ってことは決してございません・・・
今年の後半は自分のものづくりに対しての見直しを思い立ち
こっそりと能勢で染色を習いに通ってましたわらう
主に大好きな藍+絞り染を先生から勉強させてもらってます。
まだまだ 駆け出し中の染色技術ですが
今回の作品展で少しだけですがお披露目させて頂く事になりましたちゅん
今回もzucaさんの革製品との2人展です。
場所はお初でありますひらめきJR摂津富田真ん前に建つ古民家を
お借りしての展示会です。
駅前のにぎやかな商店街にタイムスリップした築90年の建物が残ってる・・・目
とっても不思議スペースです。
入江運創店↓↓
http://www.beat.zaq.jp/irieunsouten/

11/27(金)28(土)29(日)の3日間だけですが28.29日はワークショップも
予定していますので、どうぞお気軽に遊びに来てもらえればと思っています♪


『綴る』2015春sow+zuca2人展 at現代クラフトギャラリー

今年初めての展示会は昨年も個展をさせて頂いた
大阪西天満の現代クラフトギャラリーです。
今回は革製品のzucaさんとのコラボレーション『綴る』展復活kirakirakirakira
彼女の新しい作品を私自身が楽しみにしています。
革で何でこんなに軽いの〜〜〜という素敵デザインのバック達・・・
今回もたくさん用意してくれると思います。

気持ちが軽やかになってくる春
春物ってやっぱり色のトーンが薄いものを選びたくなりますね〜ちゅん
私自身はパステルカラーのものはほとんど着用しないのですが
どこかのポイントに明るい色目を入れるようにしています
藍色はどんな色でも引き立ててくれる色でもあります指
sowの藍色のボトムにお手持ちのパステルカラーのカットソーや
草木染のストールとのコーディネートをどうぞ楽しん下さい!
他に春物コート、ワンピース、シャツなどなど・・・
毎日在廊しオーダーも承ります。
どうぞ気軽にお立ち寄り下さいませ♪

 

写真集 OriOri「秋の綿衣展』

CIMG9464.JPGCIMG9463.JPGCIMG9462.JPGCIMG9461.JPGCIMG9460.JPGCIMG9457.JPGCIMG9456.JPGCIMG9455.JPGCIMG9453.JPGCIMG9451.JPGCIMG9449.JPGCIMG9450.JPGCIMG9448.JPGCIMG9447.JPGCIMG9446.JPGCIMG9445.JPGCIMG9444.JPGCIMG9443.JPGCIMG9442.JPGCIMG9441.JPGCIMG9440.JPGCIMG9439.JPGCIMG9438.JPGCIMG9437.JPGCIMG9436.JPGCIMG9434.JPG

OriOri展示会終わりました

OriOriさんでの展示会無事に終わる事ができました。
足を運んで下さった方々、本当にありがとうございましたDocomo_hart
9/25〜9/30の6日間はとてもお天気に恵まれたことがとてもラッキーでした。
そのおかげでたくさんの方がご来展して下さり
日頃のご無沙汰を一気に取り戻すべく、楽しい出会い再会の連続でしたき
展示会を開催するまでは、長時間ひとりで製作していることもあり
暗闇に何度もさまよい先が見えない時を今回は特に感じていて
25日の当日まではどないなるんやろ〜と不安が先走る自分との葛藤でした。
でも長い時間出番を待っていた自分の製作したもの
4ヶ月前にラオスで仕入れたものが、OriOriさんの空間でスポットを浴びて
お客さまに見てもらえている満足感で
そんな過去の不安感は一気に吹き飛びました矢印上
OriOriさんではオーナーの尽力もあって本当に素敵な舞台を作ってもらえて
SOWの製品は生き生きしていました・・・と思えるハッピーな6日間でした。


 

<< | 2/7PAGES | >>